脂肪吸引手術後のケア

脂肪吸引後に起こる「拘縮」

皮膚の下の脂肪を吸引すると脂肪のあった部分が傷を負ったような状態になり、体の組織はそれを回復させようとします。空洞のような状態の患部にリンパ液で満たし、繊維質のコラーゲンを中心とした物質を集め、脂肪吸引した部分を治そうとします。それにより肌が硬くなってしまう現象を拘縮と言います。

拘縮の起こる時期

拘縮は体を治癒しようとして起こる現象なので、脂肪吸引をした後は必ず誰にでも起こります。個人によって差はありますが一般的に術後数日で硬縮が現れ始め、その後3ヶ月から6ヶ月は肌にデコボコとして肌が硬い状況が続きます。少しの間動きづらいと感じるかもしれませんが、自然に正常な状態へと戻っていくものなので安心しましょう。

硬縮した肌のアフターケア

手術後は吸引した箇所に圧迫を行いましょう。圧迫が不十分な場合は仕上がりのバランスがおかしくなることを防げます。拘縮を早めに解消するためには脂肪吸引手術後に、腫れや痛みが引いてきた段階で最初は優しく、継続的なマッサージを念入りに施しましょう。肌を揉みほぐすようなイメージで、硬くなった皮膚を柔らかくしていきます。これにより肌の表面がデコボコに残ってしまうのを防げます。

交際クラブ・デートクラブ選びをお手伝い!プリティウーマン

http://www.kousai-prettywoman.com/

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.